給湯器の寿命とは?安全に使用し続けられる年数

給湯器の不具合を感じている方に向けて、給湯器の一般的な寿命について解説する記事です。
給湯器を使い続けていると、寿命が訪れて不具合が発生したり、故障しやすくなったりする原因になります。
一般的な寿命を知って、給湯器交換時期の目安にしてください。

給湯器の一般的な寿命はどれくらい?

給湯器の一般的な寿命は、10~15年とされています。
給湯器メーカーの設計標準使用期間においては、故障のリスクが低く、安全に使用できる期間は「10年間」です。
設置してから10年以上が経過すると、メーカーが修理に対応できなくなったり、部品が入手しにくくなったりすることから、10年が経過した給湯器は寿命だと言えるでしょう。
修理や部品の入手が難しくなることも踏まえ、給湯器の寿命は10~15年程度だと考えられます。

給湯器交換の目安と寿命が訪れたときに現れる4つのサイン

この記事では、給湯器の交換の目安と寿命のサインについてご紹介します。
給湯器の交換を検討されている方は、給湯器のプロが掲載するこちらの記事を参考にして判断されてはいかがでしょうか。
詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

給湯器交換の目安は?寿命が訪れたときに現れる4つのサイン

給湯器の寿命は10~15年!寿命が訪れたら交換がおすすめ

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで給湯器の寿命がご理解いただけたと思います。
給湯器の寿命は10~15年とされているので、10年以上経過した給湯器で不具合が起こったら交換をおすすめします。

当サイトでは給湯器交換を関東全域で対応しております。

給湯器交換を検討している方はこちらをどうぞ。

給湯器交換や見積もりをしたい方はこちら

世田谷区にお住まいで給湯器交換をしたい方はこちら

ページの先頭へ
single-item