給湯器でお湯を沸かす仕組みとは?給湯までの流れ

給湯器の仕組みを知りたいという方に向け、給湯器でお湯を沸かす仕組みについて解説する記事です。
蛇口をひねったりリモコンを操作すれば給湯器は特別な操作をしなくてもお湯を沸かしてくれますが、どのような仕組みで給湯されるのか見ていきましょう。

給湯器でお湯を沸かす仕組み

給湯器でお湯を沸かす仕組みは次のとおりです。

【給湯器でお湯を沸かす仕組み】
1.お湯を出すために蛇口をひねったり給湯器のリモコンを操作する
2.給湯器の中に通水される
3.給湯器の水量センサーが通水を感知する
4.給湯器が水を温める
5.蛇口から給湯される

以上のように、給湯器は蛇口やリモコンの操作により通水されることで、お湯を沸かし始める仕組みになっています。

給湯器の仕組みは通水がカギ

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、給湯器でお湯を沸かす仕組みがご理解いただけたと思います。
給湯器は通水により水を温めて給湯するという仕組みを備えているのです。

当サイトでは給湯器交換を関東全域で対応しております。

給湯器交換を検討している方はこちらをどうぞ。

給湯器交換や見積もりをしたい方はこちら

世田谷区にお住まいで給湯器交換をしたい方はこちら

ページの先頭へ
single-item