給湯器交換の目安は?寿命が訪れたときに現れる4つのサインから確認

給湯器の交換を検討されている方に向けて、交換する目安となるサインをご紹介する記事です。

給湯器は頻繁に交換するものではありませんが、やはり寿命は存在します。
寿命が訪れると、異音がしたり給湯温度が不安定になったり…と、給湯器からさまざまなサインが示されることも。
今回ご紹介する交換の目安となるサインが現れたら、給湯器を交換するべき時期だと考えられるので、交換するべきか判断するための参考にしてください。

給湯器の交換時期の目安とサイン

給湯器交換時期の目安は、設置してから7~8年とされています。
設置から7~8年前後に現れることの多い、交換時期を示すサインをご紹介します。

給湯温度が不安定になる

給湯器交換の目安として、給湯温度が不安定になるサインがあります。
設定した温度よりもぬるいお湯が出てきたり、お湯の温度が安定せず、熱くなったりぬるくなったりする状態です。
給湯温度が不安定になった場合は、給湯器の寿命が訪れようとしているのかもしれません。

着火音・作動音が変化する

着火音や作動音が変化することも、給湯器交換の目安となるサインのひとつ。
たとえば、着火するときに小さな爆発音が聞こえる、作動しているときの音が今までとは違うなどの症状が現れます。
給湯器から聞き慣れない異音が聞こえたら、交換の時期と考えられるでしょう。

給湯器から水漏れする

給湯器から水漏れしだしたら、本体を交換するようにしてください。
給湯器から水漏れしているということは、経年劣化により内部の部品が古くなっている可能性が高いです。
設置から7~8年が経っているなら給湯器本体の寿命も近づいているため、本体を交換することをおすすめします。

黒い煙が出る

給湯器から黒い煙が出た場合は、すぐに交換するべきという目安です。
黒い煙が出るということは、給湯器が不完全燃焼を起こしていると考えられます。
そのまま使用すると一酸化炭素中毒などの事故が発生する可能性もあるため、すぐに使用をやめ、給湯器本体を交換するべきでしょう。

給湯器の交換目安は7~8年!本体のサインにも注意しよう

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで給湯器を交換する目安がご理解いただけたと思います。
給湯器からご紹介したようなサインが見られたら、業者に相談して早めに給湯器を交換するようにしましょう。

当サイトでは給湯器交換を関東全域で対応しております。

給湯器交換を検討している方はこちらをどうぞ。

給湯器交換や見積もりをしたい方はこちら

世田谷区にお住まいで給湯器交換をしたい方はこちら

ページの先頭へ
single-item