給湯器が凍結する3つの原因とは?原因を知って不具合を予防しよう!

給湯器が凍結しやすいとお困りの方に向けて、給湯器が凍結する原因を解説する記事です。
冬の時期になると、給湯器は寒さによって凍結し、作動しなくなってしまうことがあります。
冬に給湯器が突然作動しなくなった場合、凍結が疑われますが、給湯器はなぜ凍結するのでしょうか?
給湯器が凍結する原因についてご紹介していきます。

給湯器が凍結する原因

給湯器が凍結する原因とは次のとおりです。

水温が零下を越えたため

給湯器が凍結する最大の原因は、水温が零下を越えることです。
水は0℃を下回ると氷になるため、外の気温が0℃より下がったときに給湯器が凍結する可能性が高くなります。
水の性質通りに、気温が下がると給湯器は凍結するのです。

長時間に渡り給湯器を使用しなかったため

長時間に渡り給湯器を使用しないことも、凍結の原因となります。
寒い時期でも水に動きがあれば凍結を避けられますが、給湯器を使用せず、水に動きがない状態が長時間続くと水道管内の水がそのまま凍りやすくなるためです。
旅行や出張などで給湯器を使用していなかった場合、凍結しやすくなると考えられます。

日のあたらない場所に給湯器が設置されているため

給湯器が日のあたりにくい場所に設置されていることも、給湯器が凍結する原因のひとつです。
外気温が低くても、日があたりやすい場所に給湯器が設置されていれば、給湯器本体の温度があがり凍結しにくくなります。
しかし、北側など日があたりにくい陰となる場所に設置されていた場合は、日光があたらず外気温の影響をダイレクトに受けてしまいます。
そのため、日のあたりにくい場所に設置されている給湯器で凍結が起こりがちです。

給湯器の凍結は予防できる!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、給湯器が凍結する原因がご理解いただけたと思います。
給湯器の凍結は外気温により起こりますが、設置場所や使用状況により予防することも可能です。

当サイトでは給湯器交換を関東全域で対応しております。

給湯器交換を検討している方はこちらをどうぞ。

給湯器交換や見積もりをしたい方はこちら

世田谷区にお住まいで給湯器交換をしたい方はこちら

ページの先頭へ
single-item