給湯器が故障する4つのケースの原因とは?

給湯器が故障したかもしれないとお困りの方に向けて、給湯器が故障する原因を解説する記事です。

「給湯器が点火しない」「お湯の温度が安定しない」など、給湯器の故障だと思われる症状はさまざまですが、なぜ給湯器が故障するのか原因をご存知でしょうか?
給湯器は劣化や寿命により故障する場合もありますが、過度な負担がかかったり、配管が凍結したりすることで故障することもあります。
給湯器の不具合が発生している際に、故障原因を知れば給湯器の現状を把握できるかもしれません。

給湯器の故障原因は何?

給湯器が故障する主な原因は次の4つです。

給湯器の劣化

給湯器が故障する最大の原因は劣化です。
給湯器の寿命は8~10年と言われており、長く使い続けるほど劣化していきます。
劣化した給湯器で不具合が置きたら、本体を交換するか修理をすることが必要。
長く使っている給湯器であれば、劣化が原因で故障したと考えられます。

凍結による給湯器配管破裂

給湯器は凍結が原因で故障することもあります。
ただ配管内の水が凍っているだけであれば、水が解ければ今まで通り使えるようになります。
しかし、特に寒い地域では配管に溜まった水が凍って配管が破裂し、修理が必要となる可能性もあるでしょう。
寒い地域で冬期に給湯できなくなったら、給湯器の凍結が故障の原因だと考えられます。

給湯器への過度な負担

給湯器に過度な負担をかけることも故障の原因となります。
給湯機能給湯能力以上の負荷をかけ続けていたり、適切な使用をしていなかったりする場合、給湯器の劣化が早まり故障することも。
給湯器をハードに使い続けていた場合、負担をかけすぎて故障したと考えられるでしょう。

大雨や台風など気象条件による影響

近々に大雨や台風などがあったなら、気象条件により給湯器が故障したのかもしれません。
給湯器への浸水や強風による飛来物での破損などが原因だと考えられます。
給湯器が劣化しておらず、正しい使い方をしていても大雨や台風で故障することもあります。

給湯器が故障したときの対処法

こちらの記事では、給湯器が故障した時の対処法についてご紹介します。
紹介している対処法をもとに、ご自身で不具合を解決できるかもしれません。
詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事をご参照ください。

給湯器が故障したときの対処法!3つの症状にあわせた解決法

給湯器の故障原因はさまざま

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで給湯器が故障する原因がご理解いただけたと思います。
給湯器が故障する原因はさまざまなので、不具合が生じたらまずはプロに相談することがおすすめです。

当サイトでは給湯器交換を関東全域で対応しております。

給湯器交換を検討している方はこちらをどうぞ。

給湯器交換や見積もりをしたい方はこちら

世田谷区にお住まいで給湯器交換をしたい方はこちら

ページの先頭へ
single-item