給湯器が故障したときの対処法!3つの症状にあわせた解決法

給湯器の不具合で困っている方に向けて、給湯器が故障したときの対処法をご紹介します。

「お湯が出ない」「お湯の温度が安定しない」「作動音が異様に大きい」など、給湯器が故障したかもしれないと思われる症状はさまざまです。
しかし、給湯器が故障したときの対処法を知っていれば、不具合を解決できるかもしれません。
給湯器が故障したかもしれない場合には、ぜひ一度、ご紹介する対処法を試してみてください。

給湯器が故障した時の対処法をチェック

給湯器が故障した際には、次のように対処しましょう。

給湯器からお湯が出ない場合の対処法

給湯器からお湯が出ない場合は、給湯器やその他ガス機器の電源を切って復帰ボタンを操作してみてください。
復帰ボタンとは、ガスメーターの黒いキャップのことです。
復帰ボタンを左に回し外して、ゆっくりと押します。
赤いランプが点滅したら復帰ボタンを戻して3分程度待ちましょう。
ガスの遮断が原因で給湯器が故障したように感じられた場合は、復帰ボタンの操作で改善されることがあります。

給湯器でお湯の温度調整ができない場合の対処法

給湯器で温度調整ができなくなる故障なら、まず給水栓とガス栓を確認します。
給水栓やガス栓が十分に開いていない場合、給湯器の温度調整ができないことがあるので、まずは給水栓とガス栓をチェックしてください。

給湯器にエラーコードが出た場合の対処法

給湯器でエラーコードが出る故障では、エラーコードにより対処法が異なります。
給湯器の電源を切って、入れ直すことで改善される場合もあれば、修理や本体交換が必要な場合もあるので、プロに相談すると安心です。
エラーコードが出た場合は、エラーコードごとの対処が必要となるためプロに任せましょう。

給湯器が故障する原因

この記事では、給湯器が故障する主な4つの原因についてご紹介します。
故障だと思われる症状は様々ですが、なぜ給湯器が故障するのか原因をご存じでしょうか。
給湯器が故障したかもしれないと思った方は、ぜひこちらの記事をご参照ください。

給湯器が故障する原因とは?4つのケースで原因

給湯器が故障した?症状ごとに適切な対処法を行おう

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで給湯器が故障した際の対処法がご理解いただけたと思います。
ご自身で対処できる場合もありますが、修理・交換が必要な場合もあるので業者に相談することが最も安心できる対処法でしょう。

当サイトでは給湯器交換を関東全域で対応しております。

給湯器交換を検討している方はこちらをどうぞ。

給湯器交換や見積もりをしたい方はこちら

世田谷区にお住まいで給湯器交換をしたい方はこちら

ページの先頭へ
single-item