トラブルを避けつつワンルームマンションに適した給湯器を選ぶ方法

「ワンルームマンションの給湯器を交換したいけど選び方がわからない」と感じていませんか。賃貸住宅の給湯器は、基本的に貸主の所有物になるため、借主の責任で交換することはできません。分譲住宅は、入居者の責任で交換できます。ただし、制約がないわけではありません。交換するときは、いくつかの点に注意が必要です。このページでは、ワンルームマンションに最適な給湯器の選び方を解説しています。交換を検討している方は、内容を確認しておきましょう。

ワンルームマンションに最適な給湯器の選び方

ワンルームマンションの給湯器は、以下の点に注意しつつ選びます。

管理組合に設置できる給湯器を確認

給湯器を交換する場合は、管理組合に連絡します。共有部分を勝手に変更することはできないからです。また、設置できる給湯器の機種や号数が決められていることもあります。まずは、管理組合に連絡して、条件や選択肢を確かめましょう。

給湯器の設置型を確認

次に、使用している給湯器の設置型を確かめます。基本的には、現在と同じ設置型の給湯器を選ぶことになるからです。ワンルームマンションに設置できる給湯器の設置型には、ベランダなどに取り付ける壁掛け型と配管スペースに取り付けるPS型があります。

給湯器の種類を選ぶ

設置型を確認したら、給湯器の種類を選びます。給湯器には以下の種類があります。

フルオート

湯はり・自動ストップ・追い焚き・自動保温・自動足し湯・配管洗浄

オート

湯はり・自動ストップ・追い焚き・自動保温・足し湯

 

 

マンションの構造などによっては給湯専用からフルオート・オートに変更できないことがあります。

給湯器の号数を選ぶ

続いて、給湯器の号数を選びます。号数は「水温+25度」のお湯を1分間に何リットル出せるかを表します。一般的に、単身世帯には16号、2人世帯には16号もしくは20号が適していると考えられています。

給湯器の主な設置場所は?

以下の記事では、給湯器の主な設置場所を開設しています。
給湯器法律により設置できる場所に基準が設けられています。詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

給湯器の主な設置場所は?3種類の設置できる場所

ワンルームマンションの給湯器交換は慎重に

ワンルームマンションの給湯器交換について解説しました。マンションにより設置できる給湯器は異なるため、慎重に検討を進める必要があります。心配な方は、給湯器交換業者に相談するとよいでしょう。

 

当サイトでは給湯器交換を関東全域で対応しております。

給湯器交換を検討している方はこちらをどうぞ。

給湯器交換や見積もりをしたい方はこちら

世田谷区にお住まいで給湯器交換をしたい方はこちら

ページの先頭へ
single-item