賃貸アパートの給湯器が発する故障サイン

「賃貸アパートで使っている給湯器の調子が悪いけど故障しているの?」と感じていませんか。まだ使えていたとしても、心配になりますよね。気になる方は、給湯器が発する故障サインに注目するとよいでしょう。このページでは、給湯器が発する代表的な故障サインを紹介しています。以下の情報を参考にすれば、今後の対応を考えやすくなるはずです。賃貸アパートで使用している給湯器の調子が悪い方は、確認しておきましょう。

賃貸アパートの給湯器の故障サインをチェック

賃貸アパートの給湯器が発する代表的な故障サインとして以下の3つが挙げられます。

湯温が不安定

故障サインとして、湯温が不安定になることが挙げられます。例えば、適温だったシャワーが急に冷たくなる、適温だったお湯が急に熱くなるなどのケースです。お湯の出始めに「お湯・水・お湯」が交互に出る冷水サンドイッチ現象、別の場所でのお湯の使用などを除外できる場合は、給湯器の故障が疑われます。熱いお湯が急に出ると危険なので、大家さんや管理会社にできるだけ早く相談しましょう。

これまでとは異なる音がする

運転中に生じるこれまでとは異なる音も故障サインと考えられます。例えば、「ピー」という笛のような音がするときはファンモーターの不具合、「ボン」という爆発音がするときは不完全燃焼、「キーン」という共鳴音がするときは配管内で急激な圧力変化が起きている可能性があります。これらに当てはまる場合も、大家さんなどへ相談するほうがよいでしょう。

黒い煙が出る

以上のほかでは、給湯器から出る黒い煙も故障サインと考えられます。黒い煙は不完全燃焼などで生じます。一酸化炭素中毒を起こす恐れがあるため、非常に危険です。給湯器の使用を中止して、大家さんや管理会社へできるだけ早く相談してください。

賃貸アパートの給湯器が故障したときの対処法

以下の記事では、賃貸アパートの給湯器が故障した際の対処法をご紹介しています。業者の手配や費用の負担等の内容は知っておいた方が良い情報ですので、こちらの記事を参考にしてみてください。

賃貸アパートの給湯器が故障したときの対処法

給湯器が発する故障サインを見逃さない

賃貸アパートの給湯器が発する故障サインを紹介しました。大きなトラブルにつながることがあるため、見逃さず適切に対処することが重要です。気になる点がある方は、大家さんまたは管理会社へ相談しましょう。

 

当サイトでは給湯器交換を関東全域で対応しております。

給湯器交換を検討している方はこちらをどうぞ。

給湯器交換や見積もりをしたい方はこちら

世田谷区にお住まいで給湯器交換をしたい方はこちら

ページの先頭へ
single-item