知っておきたい電気温水器に関する3つのデメリット

 

「電気温水器を検討しているけど、知っておくべきデメリットはないの?」と感じていませんか。納得して購入するため、デメリットも理解しておきたいですよね。結論から述べると、電気給湯器にもデメリットはあります。とはいえ、致命的といえるほどのものはないので、内容を理解してライフスタイルに合っていることを確かめることが重要です。このページでは、電気温水器のデメリットを紹介しています。購入を検討している方は、参考にしてください。

 

電気温水器のデメリットとは

電気温水器の代表的なデメリットは以下の3点です。

 

イニシャルコストが割高

電気温水器は、比較対象にされやすいガス給湯器よりもイニシャルコストが割高です。具体的な費用は機種や設置環境で異なりますが、同グレードのガス給湯器と比べると割高になることが多いとされています。イニシャルコストが気になる方は、本体価格と設置工事費用を調べておくとよいでしょう。

 

お湯を使い切ってしまう恐れがある

一般的な電気温水器(貯湯式)は、お湯を使い切ってしまう恐れがあります。タンクに貯めているお湯を使用するからです。タンクのお湯を使い切ると、お湯は出なくなってしまいます。ただし、最近の電気温水器は必要なお湯の量を学習して沸かしてくれるため、普段通りの生活をしていればお湯を使い切ることはほとんどありません。反対にいうと、来客などでお湯の使用量が増えると、お湯を使い切ってしまう可能性が高くなるということ。普段よりお湯を多く使うときは、沸かすお湯の量を増やすなどの対策が必要です。

 

シャワーの勢いが弱い

また、一般的な電気温水器(貯湯式)は、シャワーの勢いも弱くなる傾向があります。タンクに貯めているお湯を使用するため、水道管から送られてくる水の圧力を利用できないからです。勢いが弱すぎて不便と感じることはほとんどありませんが、念のため注意したいデメリットとして挙げられます。

 

 

デメリットを理解したうえで電気温水器を選択

電気温水器のデメリットを紹介しました。メリット・デメリットを把握したうえで、ライフスタイルに合っている給湯器を選びましょう。選び方が分からない方は、給湯器交換業者で相談してみてはいかがでしょうか。

 

当サイトでは給湯器交換を関東全域で対応しております。

給湯器交換を検討している方はこちらをどうぞ。

給湯器交換や見積もりをしたい方はこちら

世田谷区にお住まいで給湯器交換をしたい方はこちら

ページの先頭へ
single-item